サービス

トップページ > 遠隔画像診断サービス Rad-Rad

遠隔画像診断サービス Rad-Rad

サービスの概要

多くの医療機関がスピードでMRIやCTといった機器の導入を進める中、画像診断専門医の不足は深刻な問題となっています。その解決策の一つが遠隔画像診断サービスです。
VPN網を利用したセキュアなネットワークを利用して、依頼元医療機関で撮影された画像を読影依頼とともに送っていただき、画像診断専門医が読影レポートを作成して返信するサービスです。

読影可能領域 MRI、CT、CR、DR 健診もご相談ください ※順次拡大予定
サービス提供時間 9時~18時(日曜・祝日・年末年始・当社指定休日は除きます)
通常読影 翌営業日中に返却
※18時以降も依頼は可能ですが翌日受付の扱いとなります。
至急読影(オプション) 原則2時間以内に返却
※当日15時までの受付です。
提供レポート形式 Rad-Rad専用端末上での参照・印刷
院内ネットワークからのWEB参照
PDFファイル出力
※他社システムとの連携はご相談ください
  • ①院内PACSまたはモダリティより検査画像をRad-Rad専用端末に送信
  • ②依頼書をスキャナで取り込み、またはテキストで入力
  • ③検査画像と依頼書をデータセンターに送信
  • ④オペレーターが部位や専門に応じて読影医に振り分け
  • ⑤読影医が画像診断し読影レポートを作成
  • ⑥読影レポートを返却
  • ⑦読影レポートを出力(紙印刷、PDF出力、ブラウザから参照)
院内でパナソニックメディカルソリューションズ株式会社製PACS(Plissimo PACS)をお使いの場合

  • Rad-Rad専用端末の設置が不要になります
  • Plissimo PACSとの接続費用が不要です
  • 院内のPlissimo端末から、直接遠隔画像診断の依頼がおこなえます
  • 読影レポートも院内Plissimo端末に配信可能です

サービス導入のメリット

  • 画像診断専門医不足の解消
  • 検査機器の有効活用による検査数の増加
  • 月々の検査数の増減に柔軟に対応
  • 画像診断専門医による正確で質の高い読影レポートのスピーディな提供

サービスの特徴

クオリティ
  • 通常のパソコン用ディスプレイを使用して読影を行う遠隔読影企業も多い中、当社にご依頼いただいた検査は全てDICOM形式で医療用高精細モニタを使用して読影いたします
  • 検査目的、要望、疑問に対応した高品質な読影レポートを作成します
  • 読影後の所見内容についてのご質問はオペレータにご連絡下さい。読影担当医に確認の上で再報告致します
    レポートサンプルを見る

  • 頭部MRI

  • 胸腹部CT

  • 腰椎MRI

セキュリティ
  • VPNネットワークを利用し、セキュアな通信で安全性を確保
コストパフォーマンス
  • 初期費用、月額基本料金を極力抑えた低価格設定です
  • 検査ごとの画像枚数による金額の加算はありません
  • 過去データとの比較読影による金額の加算はありません

月に30件遠隔画像診断を依頼した場合の月額費用イメージ

500枚の頭部MRIの1部位あたりの費用イメージ

ご利用料金

ご利用料金について、よくあるご質問のページに記載しました。

ご利用に必要な設備・機器について

  • ご依頼に使用していただく「Rad-Rad専用端末」は当社よりレンタル致します。故障の際には無償で交換または修理できますので安心してご利用いただけます。
  • パソコン本体、スキャナ、VPNルータのセットとなります。
  • この「Rad-Rad専用端末」と接続回線は医用画像保管サービス「Rad-Rad Storage」と共用です。
  • アプリケーションソフトウェアにはクリニックから大病院まで定評あるパナソニック メディカルソリューションズ製Plissimo PACSをベースにしていますので、安心してご使用いただけます。
お問い合わせ・資料請求